2015年09月19日

閃乱のゼンディカー フルスポ公開

タイトルは誤変換じゃないです。わざとです。
猿缶Pは閃乱カグラにはまりました。斑鳩や未来ちゃんが好きですが一番は焔ちゃん!
ニッサやキオーラが脱衣するかどうかはわかりません。
そういうわけでフルスポ公開されましたね。

まず戦乱のゼンディカーでの注意点
http://mtg-jp.com/publicity/0015740/
なんと・・・同じエキスパンションの中に2種類の同名カードが!
さすがは日本語翻訳班・・・天才ですね・・・。
というわけでレアカードの方が「伝導者」と訂正が入りました。
え?レアの方なの?アンコモンじゃなくて
アンコモンは青3マナの3/2、無色生物の全体パワー強化と構築レベルでも需要のありそうなカードですね。
そう考えると6マナは構築圏外でしょうか・・・。
リミテッドではカード名には注意しておきましょう。
決して《破滅を導くものA》《破滅を導くものB》ではないのであしからず。
どっちも無色生物でエルドラージなので勘違いしないように。

カードギャラリーのリンク
http://magic.wizards.com/en/articles/archive/card-image-gallery/battle-zendikar-2015-09-18
いつものように日本語には下部で変更するだけ(面倒なのでそ日本語ページもリンク)
↓ここから猿缶Pの本気
カードや能力にいろいろと、みなさん目がいくことでしょう。
公式ページも背景世界が充実しているので、個人ヴォーソス・ページなんぞ需要がない昨今ですが・・・
しかし、公式関係者も話題にしないことを話題にするのがこの猿缶P
それはフレーバーテキストです!
猿缶Pのゼンディカー・ブロック動画なんぞ今となっていては過去に埋まった話ですが
やはりゼンディカーには非常に思い入れがあるので地名や人物名は今でも覚えています(ある程度)
その中でもフレーバーテキストの人物には興味があります。
オブ・ニクシリスやドラーナのカードが話題ですが、今回ノヤン・ダールさんがカード化したんです。
誰それ?と思った人、彼はゼンディカー時代から登場していたんです。
そのほかにもかつてカード化したカリタスもFTで登場し、下僕となったことが明らかにされました。
他にもゼンディカー〜エルドラージ覚醒は東方聖蓮船が登場した時期でもありましたので
海外では一部の間で知られたジャヴァド・ナスリンも今回FTに登場。
( "Nasrin"なので "s" を「ズ」と読み、ジャヴァド・ナズーリンと呼ばれました)
ナズーリンはダウザー(宝探し)でしたし、ナスリンも遺物狩りの宝探しの人でした。
他にもカードが少しずつプレビューされるたびに興味がありましたが
全て公開されたということで、こと細かくチェックした結果
以前のゼンディカー、つまり1期ゼンディカー時代から
今回の2期ゼンディカーまで生存していることが明らかになったのは
なんと11人でした。
そういうわけで需要の高いカード画像まとめ
ZendikarSurvivors_a.jpg

おまけとして、発動者伝と戦争日誌を付けてます。
そういや新・翻訳班は『 』をつけなくなったんですね。ちょっと残念です。
それとノヤン・ダールさんは青使い特有の口の悪さが特徴です。今回もそれらしい口調が残っているあたり、今の翻訳班を評価すべきところ。
こう見るとドラーナさんはこの頃から既にエルドラージと己の運命に叛逆する気でいたとわかります。
本当はFTカードで統一したかったのですがカリタスやアノワン知らない新規の方たちもいるので配慮して伝説生物で。今回の伝説生物カードは知られているのでノヤン・ダール以外はFTで統一。

あとでTwitterにも投稿しておきます。

しばらく幻想入りという名の行方知れずにしていたので、動画はもう少し後になります。
同人誌は無事メロンやとらで購入できました。とくに薬味さらいさんのムガムビル総集編が1と2の両方買えたのが大きかったです。
ナズーリン本とかもしかしたら店舗によっては残ってあるかもしれませんね。
DYNAMOさんの断片集2とかれいてぃ屋さんのぽそ集3は同人誌総集編の中でもナズーリンが表紙にいますね。
あと10月にはうめてんてー展行きたいですね。
posted by 猿缶P(わむ麺) at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。