2016年02月23日

どう見てもチンポです ありがとうございました

ネタ記事は終わらない・・・。
対象年齢13歳以上なので、ある程度の描写が許されることでしょう。
だったらDuel of the PWの対象年齢を上げるならニッサの修正は必要無かったやん。

さて今回はチンコの話題です。そうです下ネタです。
なぜチ○コなのかというと、おっぱいだとかエロいMTGカードイラストという記事が海外であったのですが
だったら男性器を模したカードイラストの話題をやるべきだと思いました。
《大軍のワーム》がペニスみたいだと当時、話題になりましたが
だったら《包囲ワーム》のラヴニカ時代にペ○スだと話題にするべきだと思います。
(ネットの普及が当時はそれほどなかったこともありますが)
さて、その男性器を思わせるカードはどれほどあるのでしょうか?

まずはこれが国産カードイラストの中でも最もオゲレツなカード、
ヴァイシュ・シュバルツからクレヨンしんちゃんです。
ヴァイシュ・しんちゃん.jpg

なにをかくそう、無修正のおちんちんカードという・・・。
これほどモロなオゲレツ(褒め言葉)なカードもないことでしょう。
そういえば最近はケツダケ星人でぞうさんネタ見なくなりましたね。

ではアメリカのぞうさん(隠語)はどうなのでしょうか?日本よ、これがアメリカのカードゲームだ
posted by 猿缶P(わむ麺) at 01:21| Comment(0) | 誰得MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

MTGとWIXOSSの無色◇マナ 〜Colorless Mana〜

ついにリーク画像のコジレックが公式に公開情報となりました。
そして◇マナについても明らかにされ、謎だった基本土地を含めて無色1マナが◇マナとなりました。
Colorless Manaということで(C)という表記にもなるとのこと。

さて公式記事で明らかにされる◇マナのデザイン話、
および◇マナが無色1マナであることについて明言
をした猿缶Pはいずれ日本公式によってDCI処分されることでしょう。

そういうわけで今回は新たな◇マナ(Colorless Mana)について話してみたいと思います。
それは◇マナは既に存在した。
それも別TCGに。
その名はWIXOSS

ColorlessMana-ウリス-.jpg

続きを読むには↓をクリック
ウリスちゃんぺろぺろ
posted by 猿缶P(わむ麺) at 22:42| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

第6番目の色、無色マナの与太話

リーク画像がいろいろ話題になっているようで
それで最近の記事を話題にしていろいろ盛り上がっているようですが
個人的には4,5年前から既に言われていた話を見ないのでそれをちょろっと書いておくことに。
※ただしソースは明記しませんので、これが猿缶P個人による与太話ととらえるか
 MTG公式カードデザイナーが話していた内容の抜粋かは明らかにしませんのであしからず。

と前置きを置いて
ゲートウォッチの誓いのデザイナーをチェックしたら
デザイン・リーダーはEthan Fleischer氏でしたね。
Ethan Fleischer氏といえば・・・そうですねギルド門侵犯のデザイン・チームの一人です。
そして同エキスパンションのシミックギルドの「進化/Evolve」メカニズムの原作者ですね。
進化メカニズムはThe Great Designer Search 2(GDS2)で提出された彼の考案した新メカニズムであり
それが本家セットに採用されたことで有名な話です。

そんな彼が他にデザイン・チームに携わったといえばテーロス・ブロックで
ニクスへの旅はデザイン・リーダーとして関わっています。
そのテーロス・ブロックにも前述のメカニズムはありますし、
それを考えたら次のゲートウォッチの誓いが前述のメカニズムが採用されてもおかしくはありませんね。

また長い前置きになりましたが、リーク画像の◇マナ的存在・・・
「マロー的に」という方向性ではなく、「デザインリーダーおよびGDS2的に」という方向性から考えた場合は
ありえそうな新メカニズム、いいえ既出の新メカニズムといえそうです。

ここからはMTG界隈に影響力のない猿缶Pの与太話として・・・与太話の続きを読む
posted by 猿缶P(わむ麺) at 23:44| Comment(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

【東方飛龍王】サルカン・ヴォルが幻想入り Vol.3

9月に投稿するつもりが戦乱のゼンディカー発売記念になってしまった。



今回は公式記事でも登場した 小説Alara Unbroken 45ページの内容を紙芝居解説形式でお送りします。
というのも、この小説45ページが前々から一番やりたかったことでした。
とはいえネタバレもどうすべきか・・・と先延ばしにしていたら公式で触れられることに!
というわけで既出な内容ではありますが、公式とは違う非公式の紙芝居形式でカードイラストを巡る動画としてもご覧ください。
人を焼き尽くすあたりサルカンは狂気そのものです。

教えて慧音先生は前回のブログ記事です。
フレイバーテキストは公式も日本公式もろくに触れないのでさっさと言わないと対応してくれないと思い、
それといろいろな人が戦乱のゼンディカーのカードの注目を挙げても、こういったヴォーソス視点の注目カードは誰も挙げてくれないので私がやっちゃっえー。


猿缶Pの投稿動画で最も再生数のある動画がこれ。
スペランカー先生もゲストで登場させたものの・・・
ゼンディカー発売日って6年前の2009年10月2日の金曜日に発売されたんですよね。
で今回の戦乱のゼンディカーも2015年10月2日の金曜日に発売。
オリジンとM10もそうですが、発売日がこうして同じ日だという事実はもっと知られるべき。
聖蓮船の頃とかいろいろごまかしたけど6年前なんですよ。
小学校1年生が6年生いや卒業して中学生になるくらい時が経っているということなんですよ。
大人の年齢的には6年に差はないとはいえ・・・いえこれ以上リアルを語るのは読者に傷を与えるようなもの・・・。
とにかく、その当時にMTGブログを開設したのですから
あれから今の頃まで見てくださった方とは感謝というよりもお友達です。
9月に投稿しなかった分、少し早めに4話できたらいいな、と思います。

同盟者に対抗して同名エルドラージは翻訳班さんの素晴らしいセンスだと思います。
posted by 猿缶P(わむ麺) at 01:44| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

閃乱のゼンディカー フルスポ公開

タイトルは誤変換じゃないです。わざとです。
猿缶Pは閃乱カグラにはまりました。斑鳩や未来ちゃんが好きですが一番は焔ちゃん!
ニッサやキオーラが脱衣するかどうかはわかりません。
そういうわけでフルスポ公開されましたね。

まず戦乱のゼンディカーでの注意点
http://mtg-jp.com/publicity/0015740/
なんと・・・同じエキスパンションの中に2種類の同名カードが!
さすがは日本語翻訳班・・・天才ですね・・・。
というわけでレアカードの方が「伝導者」と訂正が入りました。
え?レアの方なの?アンコモンじゃなくて
アンコモンは青3マナの3/2、無色生物の全体パワー強化と構築レベルでも需要のありそうなカードですね。
そう考えると6マナは構築圏外でしょうか・・・。
リミテッドではカード名には注意しておきましょう。
決して《破滅を導くものA》《破滅を導くものB》ではないのであしからず。
どっちも無色生物でエルドラージなので勘違いしないように。

カードギャラリーのリンク
http://magic.wizards.com/en/articles/archive/card-image-gallery/battle-zendikar-2015-09-18
いつものように日本語には下部で変更するだけ(面倒なのでそ日本語ページもリンク)
↓ここから猿缶Pの本気
カードや能力にいろいろと、みなさん目がいくことでしょう。
公式ページも背景世界が充実しているので、個人ヴォーソス・ページなんぞ需要がない昨今ですが・・・
しかし、公式関係者も話題にしないことを話題にするのがこの猿缶P
それはフレーバーテキストです!
猿缶Pのゼンディカー・ブロック動画なんぞ今となっていては過去に埋まった話ですが
やはりゼンディカーには非常に思い入れがあるので地名や人物名は今でも覚えています(ある程度)
その中でもフレーバーテキストの人物には興味があります。
オブ・ニクシリスやドラーナのカードが話題ですが、今回ノヤン・ダールさんがカード化したんです。
誰それ?と思った人、彼はゼンディカー時代から登場していたんです。
そのほかにもかつてカード化したカリタスもFTで登場し、下僕となったことが明らかにされました。
他にもゼンディカー〜エルドラージ覚醒は東方聖蓮船が登場した時期でもありましたので
海外では一部の間で知られたジャヴァド・ナスリンも今回FTに登場。
( "Nasrin"なので "s" を「ズ」と読み、ジャヴァド・ナズーリンと呼ばれました)
ナズーリンはダウザー(宝探し)でしたし、ナスリンも遺物狩りの宝探しの人でした。
他にもカードが少しずつプレビューされるたびに興味がありましたが
全て公開されたということで、こと細かくチェックした結果
以前のゼンディカー、つまり1期ゼンディカー時代から
今回の2期ゼンディカーまで生存していることが明らかになったのは
なんと11人でした。
そういうわけで需要の高いカード画像まとめ
ZendikarSurvivors_a.jpg

おまけとして、発動者伝と戦争日誌を付けてます。
そういや新・翻訳班は『 』をつけなくなったんですね。ちょっと残念です。
それとノヤン・ダールさんは青使い特有の口の悪さが特徴です。今回もそれらしい口調が残っているあたり、今の翻訳班を評価すべきところ。
こう見るとドラーナさんはこの頃から既にエルドラージと己の運命に叛逆する気でいたとわかります。
本当はFTカードで統一したかったのですがカリタスやアノワン知らない新規の方たちもいるので配慮して伝説生物で。今回の伝説生物カードは知られているのでノヤン・ダール以外はFTで統一。

あとでTwitterにも投稿しておきます。

しばらく幻想入りという名の行方知れずにしていたので、動画はもう少し後になります。
同人誌は無事メロンやとらで購入できました。とくに薬味さらいさんのムガムビル総集編が1と2の両方買えたのが大きかったです。
ナズーリン本とかもしかしたら店舗によっては残ってあるかもしれませんね。
DYNAMOさんの断片集2とかれいてぃ屋さんのぽそ集3は同人誌総集編の中でもナズーリンが表紙にいますね。
あと10月にはうめてんてー展行きたいですね。
posted by 猿缶P(わむ麺) at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MTG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

東方飛龍王 サルカン・ヴォルが幻想入り Vol.2

コミケ前に2話を投稿できてよかった。
鈴奈庵4巻の発売日から遅れてしまったが。



こういう解説形式はエルドラージ以来ですね。
イラストを用いるだけでなく、イラストの特徴込みで解説できるので、わかりやすく実感できますね。
こういうのはwikiに載らないのでMTGの偉い人たちに伝わらないのが大きな利点になります。
(事実、エルドラージの特徴3種類は多くの人が知らなかったのですから)

ドラゴンと蜘蛛は割りとガチ。
幻想入り動画でありながらアラーラ断片〜再誕、そしてPlanechase2012と続く解説にもなります。

残念ながら猿缶Pはコミケに行けません。
行かれる方はお気をつけて。
コミケとは別方向に行くのは残念で、しばらく動画投稿・製作はできません。
コメント返しもしばらく先で、閃乱ゼンディカー情報もとれないかと思います。
また帰ってきたときの動画コメントを楽しみにすることにします。
メロンやとらで同人誌が残っていることを願います。(通販もできない環境出張です)

posted by 猿缶P(わむ麺) at 23:29| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。